小顔テクニック~プチ整形や自宅ケアなど美容に関する情報をお届けします。

小顔は女性の憧れ

小顔に憧れている女性

顔の大きさにコンプレックスを抱え、小顔に憧れることは女性として当たり前のことです。

 

ネット上にある情報や巷の噂では、小顔にするための幅広い手法がありますが、色々と試しても変化を実感できなかった方も多いでしょう。
ダイエットに成功した結果、顔の大きさだけ際立ってしまったというケースも見られます。

 

小顔に憧れる女性の方に向けて、顔が大きくなってしまう原因と対処法を幅広い角度から検証しました。

 

 

小顔は万人受けする

丸顔と面長、体型の痩せ型とぽっちゃり系などは男女ともに好みが別れるものですが、女性の顔の大きさに関しては大きすぎるよりも小顔の方が万人受けするものです。

 

大きな顔は髪型やメイクで多少は誤魔化せても限界があり、ルックスに自信を持てなくなるなどコンプレックスを持つ人が多いです。

 

特にエラが大きいなど輪郭に特徴がある方は、周囲から不快なことを言われるケースが多く、深刻なコンプレックスを抱えるケースが多く見られます。

 

逆に顔が小さすぎることを嫌う方は見られず、老若男女問わず小顔の女性は好感が持たれるものです。

 

老化とともに顔のむくみが深刻化する要素もあるので、美容に興味のある女性の方は小顔にするためのテクニックや、顔を大きくさせない注意点を覚えておきましょう。

 

小顔の基準とは

はじめに、日本人女性の顔の平均サイズは次の通りです。

 

  • 横幅(頬の端から端) … 約14cm
  • 顔の長さ頭の頂点からアゴ下 … 約24cm

サイズを測るためのメジャー

小顔は平均よりも小さいことが条件になり、サイズ上の目安は横13cm、縦22cm以下だと言われています。

 

ただし、実寸のサイズが全てではなく、身長や体型、顔のパーツなど全体のバランスが重要。
さらに、むくみや腫れ、エラのハリなど立体感のある顔はサイズが小さくても大きな顔に見られやすいです。

 

縦の長さは簡単に改善できませんが、横幅と頬の立体感は比較的簡単に改善できます。

 

本やティッシュ箱、襖などを使って顔のサイズを測る方法は多数ありますが、寸法よりも実際の見た目が重要です。

 

カメラのレンズから同じ距離で他の女性と並んだ写真をたくさん撮って、見た目の印象で周囲に比べて顔が大きいのか小さいのかを判断するとよいでしょう。

 

サイズ的に平均以下の方でも、さらに小顔にする取り組みを行って損はありません。

 

小顔になれるのか?

小顔にする方法はたくさんありますが、美容外科で行う整形手術を除いて、横幅を小さくするものか頬の立体感を軽減させる内容になります。

 

縦幅については骨格の問題なので簡単に改善できませんが、面長の方でも横幅と頬のむくみ・つっぱりを改善できれば印象が大幅に良くなります。

 

面長女性芸能人の一例

森泉、滝沢カレン、菜々緒、白石麻衣、天海祐希、深田恭子、綾瀬はるか、水原希子、武井咲、高畑充希など

 

考えている女性

いずれも芸能界の中では超小顔と呼ばれる存在ではありませんが、顔が大きいといったイメージは持たれていません。
縦幅の長い面長の骨格であっても、横幅と頬を改善できれば小顔で万人受けする美人になれます。

 

ちなみに、小顔と称される女性芸能人では山本美月、桐谷美玲、広瀬すずなどがいます。

 

いずれも、丸顔ではなく面長にも関わらず縦幅の狭い共通点を持っていて、この水準の小顔になるのは天性のものが必要です。

 

丸顔で悩んでいる方の場合、縦幅の小さい輪郭であればコンプレックスのある顔の大きさから自信を持てる小顔サイズに生まれ変われるかもしれませんよ!

 

そこで気になるのが、小顔近づくための方法ですよね?
小顔にする方法は即効性のあるものと、長期戦を覚悟しないといけないものの2種類があります。

 

即効性のある小顔対策

コンプレックスを持つほど顔が大きくなっている方の多くは、時間をかけて積み重ねて顔が大きくなっているか、頬に肉が付きやすいなど体質的な問題を抱えているものです。

 

睡眠不足によるむくみなど、一時的に顔が大きくなっているだけなら、生活習慣を改善するだけで短期的に元の状態に戻りますが、慢性的に相応サイズのある状態は荒治療が必要です。

 

小顔にする即効性のある方法をご覧ください。

 

美容外科(整形・プチ整形・注射系など)

美容外科や美容皮膚科などクリニックで行う治療は、骨を削る本格的な整形手術のほか、注射系(注入系)や糸リフトなど気軽にできるものが多数あります。

 

確実性を求める方や、他の方法を試したけど挫折した方におすすめです。

>>小顔プチ整形の種類

 

エステ系(ハンドマッサージ・マシンエステなど)

プロのエステシャンによる施術は術前・術後で大きな変化を実感できます。
ただし小顔になるのは一時的で、その後のアフターケアを怠るとすぐに元のサイズへ戻ってしまうことが多いので注意しましょう。

 

顔の大きさだけではなくアンチエイジング・美肌も一緒に改善したい方におすすめです。

 

 

長期戦の小顔対策

ここで紹介する小顔対策には即効性がなく、継続して取り組むことが必要です。
大顔・エラ張りにコンプレックスを抱えている女性であれば、何かしらの方法を実践した経験を持っている方も多いでしょう。

 

長期戦の小顔対策は、正しい方法で根気強く続けることが必要です。
まだ試したことのない方法をはじめ、過去に試してダメだったことでもやり方が間違っていなかったかチェックしてみましょう。

 

自分でマッサージ

定番の方法で、即効性のある小顔対策をする場合もセルフマッサージを併用することが望ましいです。
小顔マッサージは正しい方法で継続的に実践することが重要で、必要に応じて小顔ローラーなどの器具を活用するとよいでしょう。

>>自宅でできる小顔ケア

 

噛み癖を直す

エラ張りの原因は噛み癖の悪さが大きく関係していると言われています。
エラ張り、頬のたるみ、顔全体のバランスは食事で噛む時に使う筋肉が大きく関係していて、噛み癖に問題のある人は他の長期戦が必要な小顔対策だけしても効果が限定されてしまいます。

 

少しでも該当する要素があると感じた方は、噛み癖を直す取り組みを始めてみてください。

 

 

まずは長期戦から

メイクやヘアスタイル

小顔を目指すのであれば、まずは長期戦の対策から実践するのがマストです。
即効性のあるクリニックやエステを利用している方も、大半の方が長期戦の対策を先に実践しています。

 

挫折しそうになったり、体質な的な問題を抱えていたりする場合は、“エステに通う”“プチ整形を受ける”という選択を考えてみましょう。

 

施術方法には様々な種類があり、料金やダウンタイムなどが大きく異なります。
何が良いか分からないという方は、小顔施術に関する情報を分かりやすくまとめたサイトもあるので、そちらを活用してみるといいでしょう。
参考:小顔の切らないプチ整形|種類・料金・全国クリニック掲載のお役立ちサイト

 

当サイトでは最短ルートで小顔を目指す方法から、お金をかけないでできるもの、メイクや髪型で大顔・エラ張りを目立たなくさせる方法を幅広く紹介しています。

 

気になる関連ページをご確認のうえ、自分の抱える問題点の分析をして、幅広い対策を実践してみてください。

更新履歴
TOPへ