自宅でできる【小顔習慣】理想のフェイスラインを手に入れましょう。

自宅でできる小顔ケア

小顔にする方法は自宅でできるものが多数あります。 当サイトをご覧になっている方は、手軽なマッサージなど何かしらの方法を試した経験のある方が多いでしょう。 費用をかけずに継続的な小顔ケアをできる点がメリットですが、1回だけやっても大きな変化を得ることは難しく、成功率の低い点がデメリットです。 自宅で小顔を目指すのであれば、闇雲にするのではなく正しい方法で継続的に実践しましょう。 小顔になりたい方に向けて、自宅で効率的にできるおすすめの方法を紹介いたします。

セルフマッサージ

自宅で顔のマッサージをしている女性

セルフマッサージは定番中の定番で、たるみの改善で小顔に繋がる仕組みです。 特に老化の影響で、たるみやエラ張りが気になる方におすすめで、小顔と若返りの双方を目指したい方は必ず実践するようにしてください。 小顔マッサージの種類はたくさんありますが、当サイトのおすすめするマッサージ法と注意点をご覧ください。
リンパマッサージ
顔のむくみをマッサージで改善する場合、頬など気になる部位だけ揉みほぐしても意味がありません。 血流を良くするためにもリンパマッサージをして、顔全体の血流を良くしてあげましょう。 小顔を目指すリンパマッサージは心臓から上にあるツボを刺激する必要があり、脇→鎖骨→鎖骨上にある首のくぼみ→耳周辺に沿って揉みほぐしてあげましょう。
顔全体が火照った感覚を実感できれば、リンパマッサージで血流の良くなった証拠です。
顔周辺のマッサージが完了したら、頬やエラ周り、顎など気になる部位を重点的にマッサージします。 様々なマッサージ法がありますが、刺激を感じやすいツボに適度な刺激を与えることが最短ルートで小顔になるコツです。
体操
下記4つが定番のマッサージです。
  • 口を閉じて皮膚を外側へ押し出すように口の中でベロを回す
  • あいうえおの言葉を口を全開まで開いて発音する
  • 口を縦方向へ全開にし、鼻下を伸ばした状態でキープする
  • 「い」を発音するように口を横方向へ全開にしてキープする
いずれも日常生活では使わない顔の筋肉を使うことで、顔を引き締めて小顔にします。 毎日継続することが大切なので、入浴中に自分のレベルにあった体操をセットメニューでこなす習慣をつくるとよいでしょう。 即効性がない以外にデメリットはなく、血流改善と筋肉の付く影響で幅広い相乗効果を期待できます。
小顔アイテム(グッズ)を使う
自宅で手軽にできる小顔アイテムを導入すると、自宅で行うセルフケアの効率が大幅にアップします。 定番のアイテムは小顔ローラーで、他にもツボ押し棒、フェイスマスクなどがあります。 当サイトのおすすめは小顔ローラーです。 小顔ローラーは押す力ではなく引く力を使うタイプが人気を集めていて、セルフマッサージや体操と併用することで、満足のいく結果を得られやすくなります。

身体全体のケア

顔のたるみやむくみは身体全体の問題が関係しているかもしれません。 ストレッチやヨガで身体全体の血流をよくし、骨盤など身体の歪みを矯正してあげましょう。
ほかにも適度な運動をして血流を良くして代謝を高めることや、食生活や睡眠時間の見直しも効果的です。

ストレッチしている女性

老化や生活リズムの変化で顔が大きくなった方は、根本的な問題を取り除くことを意識した取り組みをしてください。 運動や生活習慣の見直しもデメリットはありませんが、仕事や育児に追われている多忙な女性は継続しにくいことがネックです。 変化を実感するなど高いモチベーションを持つことが大切なので、たまにはエステを利用するなど自分へのご褒美を用意してあげるとよいでしょう。 即効性のある小顔対策と併用すると高いモチベーションを維持しやすいです。
TOPへ