小顔に見える髪型-顔タイプ別におすすめのヘアスタイルをご紹介します。

小顔に見える髪型

髪の毛がキレイな女性

髪型を変えるだけで小顔に見えるのは有名な話ですよね?

 

髪のボリュームを出すことや、菱形のシルエットを作る手法が有名ですが、重要なのは顔の形状に合った髪型にすることです。

 

小顔に見える髪型を顔の形状別にまとめました。
髪型は見た目の変化に大きな影響を与えるので、大顔やエラ張りで悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

丸顔を小顔に見せる髪型

丸顔の人は横幅や頬、エラをマイルドに見せることが重要です。

 

やってはいけないNG事例としては、前髪パッツンとボブなど毛先を揃えること。
前髪を横分けしてサイドに流すか、ヒシ型のフォルムを作る髪型にするのが定番の方法です。

 

決まった正解はありませんが、丸顔の場合は髪のボリュームを出すと幼さのある女の子らしさが出ると言われています。

 

大人らしい女性の魅力を出したい方は、ボリュームを軽くしてシャープな印象を出しつつ、パーマなどで適度な動きを持たせるとよいでしょう。

 

面長顔は前髪を長めに

面長顔の方は、前髪のない髪型とトップにボリュームを出す髪型がNGです。

 

縦方向の印象を弱めるように、パーマやカールを取り入れて横方向に動きを出すと良いでしょう。

 

おでこを全て前髪で隠す必要はないですが、分け目を作って片側は髪の毛で顔を隠すなど、おでこ全体を出さないように意識してください。
全部出す髪型でも、耳の周辺などサイドの髪型でカバーすることも可能です。

 

パーマなど髪の毛に動きを出せれば、ショートカットでも小顔に見せることができます。

 

個性を殺さないことが大切

顔の形状別に小顔へ見せる定番テクニックとNG事例が多数ありますが、セオリーだけを重視して髪型を決めるのは危険です。

 

人の顔は形状のタイプだけではなく、目や鼻などのパーツなどによって個性が人それぞれ違います。

 

小顔に見せるだけなら、髪型でボリュームを出すポイントとシルエットだけで目的を果たせますが、個性を殺して似合わない髪型になっては意味がありません。

 

人によっては、あえて丸顔や面長顔を強調する髪型にすることで、女性としての魅力が引き立つ場合もあります。

 

困った時はプロに頼ろう

カットに使用するはさみとくし

個性を活かしつつ小顔に見せる髪型にしたい場合は、美容師などのプロへ任せる方法がおすすめです。

 

失敗する美容師もいるので、大きく髪型を変える場合は多少料金が高くても口コミの評判が良い美容師のいる美容院を利用するとよいでしょう。

 

小顔に見せたい要望を伝え、根拠や個性の生かし方などをしっかり説明してくれたら、自分の思っていた方向と違ってもチャレンジしてみる価値があります。

 

自撮り写真などでビフォー・アフターをしっかり記録し、多少の失敗も受け入れる覚悟を持って新しい髪型を試してみるとよいでしょう。

しっくりくる髪型が見つかったら、お手軽感のある所や通いやすい美容院を予約して、写真を見せるなどして同じ髪型を再現してもらうこともできます。

 

正解は人それぞれ異なり、条件によっては複数の正解があるものです。
ネットなどに載っているモデルの髪型を見て選んだ髪型を指定するのではなく、美容師の意見も取り入れて自分に合った髪型を見つけてみてください。

TOPへ