小顔メイク術~意識するポイントやおすすめのアイテムをご紹介します!

小顔に見えるメイク法

小顔に見えるメイク法は多数ありますが、特におすすめなのがシェーディングメイクと眉毛、チークです。

 

メイクで小顔に見せるためのテクニックと、それぞれの注意点・コツをまとめました。

 

丸顔とエラ張りは影を使う

影をつくるシェーディング

丸顔やエラ張り、ベース顔など顔側面の形状・輪郭がコンプレックスの方は、気になる部位を暗い色で影を作る方法で小顔に見せられます。

 

まず最初に検討してもらいたいのが、濃い色のファンデーションを使うこと。
普段使っているファンデーションと併用し、エラや耳周辺の側面側を暗くさせる意識をしましょう。

 

こうした陰影を付けるメイクはシェーディングと呼ばれている定番の小顔メイク法です。

 

色の明るさで強弱を付ける方法は、目立たせたい部分を明るくするハイライト。
顔の立体感を出してキリっとした顔立ちに見せたい場合はシェーディング。

 

小顔に見せる場合はシェーディングを使うのがセオリーです。

 

両方を併用する場合は、強弱の強すぎるメイクにならないように注意してください。

 

シェーディングする際は顔中心を明るくしすぎないように意識して、しっかり色をボカすことが重要です。
横側のシェーディングは比較的簡単に小顔メイクを完成させることができます。

 

面長の場合はアゴにシェーディングを使う方法もありますが、綺麗なメイクに仕上げるには若干難易度が高いです。

 

小顔メイク専用化粧品が無難

小顔メイク専用の部分ファンデーションやシェーディングスティックがあるので、慣れない方は小顔メイク専用の化粧品を使うとよいでしょう。

 

自然な発色でぼかしやすい素材になっているので、簡単に小顔メイクを作ることができます。

 

眉毛は長めに描く

顔の形状を問わず、眉毛は長めに描くのが小顔メイクのセオリーです。

 

眉毛を長くすることで、顔の余白部分が少なくなってスッキリ見せる効果があります。

 

ただし、長すぎると不自然になってしまうので、目の大きさや位置なども考慮して自然な範囲で長く描くように意識してみてください。

面長の場合は並行眉にして山を外側に作ることが小顔に見せるコツです。

 

チークはピンク系

ピンクチークをのせている女性

エラ張りやベース顔の方は、ピンク系のチークを使うとメリハリのある顔になって小顔に見えます。

 

チークは入れる場所が重要です。
鏡の前で笑顔を作り、頬が一番高くなる所(光が反射する所)にチークを入れるのが小顔メイクのコツです。

 

面長の場合は丸くチークを入れると縦方向の長さが際立ちますので、若干縦長にチークを入れると顔の長さを短く見せることができます。

 

小顔テープ(リフトアップテープ)

昨今流行しているのが小顔テープです。
顔の輪郭を整えるテープを貼り、その上にメイクして馴染ませてしまうものです。

 

テープを貼った状態で外出や人と会うことになるのでバレる心配をする人もいますが、最新の小顔テープは至近距離で見ても分からないくらい自然に肌へ馴染みます。

 

100円均一ショップやドン・キホーテで安く売っているので、不安がある人はまずは安い小顔テープを買って試してみてください。

 

目の錯覚で小顔に見せるだけではなく、実際にリフトアップするなど肌を引っ張るため、他の小顔メイク以上に大きな変化を実感できると評判です。

 

>>小顔に見えるヘアスタイル

TOPへ