小顔への近道はアゴの筋肉にあり?簡単トレーニングをご紹介します。

小顔になる為の努力

何かを考えている女性

小顔になる為には日々の努力が重要です。
マッサージ・美顔器の使用・ダイエットなど小顔になるための取り組みは数え切れないほどの種類があります。

 

努力をしている人は数ヶ月程度で見違えるような変化を得る人と、ほとんど変化を実感できない。もしくは状況が悪化してしまう人に2極化する傾向が強いです。

 

闇雲に何かの取り組みをすればいいというワケではなく、根本にある原因へ適切にアプローチすることが重要です。

 

ボディに付いた余計なお肉は食事制限や運動などのダイエットで着実に落とすことができますが、顔の肉はアゴの筋肉や歯の噛み合わせなど根本的な原因があると、他の努力をどれだけしても大きな変化を得られません。

 

小顔になる為の方法は多数ありますが、その中でも簡単なことで根本から問題を解消するテクニックと注意点を紹介しています。

 

ガムを食べる

アゴを鍛えるガム

顔のむくみやエラ張りの人に多い共通点が、顔の筋肉バランスが悪くなっていることです。

 

筋肉量は老化とともに劣化するほか、就職や育児など環境の変化で食生活が乱れている人は、顔の左右で筋肉量に差の出てしまうケースが多く見られます。

 

そこでオススメの改善法がガムを食べることです。
ガムを噛むことでアゴを中心にした顔の筋肉を整えてあげましょう。

 

特に1回の食事時間が少ない方や、そもそも食事量自体が少ないなど、食事で噛む行為をする回数が少ない人におすすめです。

 

昨今は味の長続きする粒ガムが増えているので、通勤途中や家でテレビ・スマホを眺めながらくつろぐ時間に、なるべくたくさんのガムを噛むようにしましょう。

 

バランス良く噛むことが重要

ガムを噛む小顔対策は、単純に実践すれば良いものではありません。

 

特に片側に偏ってガムを噛んでしまう方は、ガムを噛むことで顔の筋肉バランスが悪化する恐れがあるので注意しましょう。

 

ガムはバランス良く噛むことが重要で、右の奥歯・中央・左の奥歯でそれぞれ10回ずつ噛んでローテーションするようにしてください。

 

均等にアゴの筋肉を使うことで、バランスが整ってリフトアップやむくみの解消などへ繋がっていきます。

 

普段の食事も噛み方を気をつける

ガムを噛んで顔の筋肉アップ&バランスを整えるだけではなく、普段の食事から噛むバランスを意識するようにしましょう。

 

ガムのように右・中央・左で10回ずつ噛むなど、バランス良くたくさん噛むようにしてください。

 

たくさん噛む習慣がつくと、満腹中枢が刺激されて少ない食事量でも満足できるダイエット効果も期待できます。

 

噛む力など顔(特にアゴ)の筋肉が小顔へ繋がることは医学的にも証明されていることで、矯正歯科医院でも小顔対策で歯科矯正をする治療法を推奨しています。

TOPへ